ASD・ADHD ワーキングメモリ強化

こんにちわ 生まれ持った凸凹特性をもつ,ASD管理職のライフハックも5回目の最終回です。 また,ワーキングメモリを強化する文章題も31日目でようやく最終日まできました。 今回は,➀役に立つ部下の叱り方(メッセージ,影響,改善),➁役に立つ部下の褒め方(メッセージ,さらなる向上,良い習慣を次の目標として身に着けさせる)について紹介します。...

こんにちわ。 今回はASD管理職ライフハックパート4で,①部下の特性,経験に合わせたリーダーシップ(指示型,提案型,援助型,委任型),②知っていることを質問して考えさせる,伝達前に質問して関心を高める,指示を質問に変えてみる,③報連相のタイミングは事前に設定しておくことで,部下からの情報収集が容易になる,について紹介します。...

こんにちわ。 今回はASD管理職ライフハックパート3で,①部下への仕事の任せることの意義,②部下の強みを伸ばし,強みで弱みをカバーする,について説明します。 ①部下への仕事の任せることの意義 部下への仕事の任せることは,組織のピラミッド上,至って普通のことであり,仕事を部下におろしてやってもらうと考えます。...

こんにちわ。 今回はASD傾向のある人の凹凸管理職のライフハックパート2を紹介します。 ここでは,①上司と部下のポジショニングを意識して,ポジションを見極めて行動しよう,②ASD人は部下と同じ目標に向かう同志として,ビジョンを共有すべく,未来を見た会話を増やして,ワクワク感をお互いに共有して仕事を進めよう,です...

こんにちわ。 ASD傾向のある人はコミュニケーションの不器用さから,担当者時代の能力が高くても,管理職になって部下をもった途端,仕事ができないポンコツ管理職になることがある。 そんなASD管理職の凸凹マネジマントに関するライフハック術を,今回から計5回に渡って紹介します。...

こんにちわ。 今回は特にASD傾向のある方に向けた内容で,やりたい事一覧を作ろうについて説明します。 やりたい事一覧をつくることで,自分が死ぬまでにやりたいことは明確になります。 会社の定年が60歳から65歳に伸びて,今なお70歳になろうとしています。 今後,さらに伸びることになる可能性は否めません。...

こんにちわ。 ASD/ADHD傾向のある人ほど,適材適所という言葉が似合うキャラはいない。 ドラクエ,モンストを考えるとそんなことを思ってしまう。 例えば,ドラクエだと,戦士に魔法を使って攻撃せよ,とか,魔法使いに鎧と剣を渡してこれで戦えとか,トルネコにお前は勇者になれとか。...

こんにちわ。 ASD/ADHD傾向のある人は凹凸特性は,生まれ持ったもの。 凹部分をアウトソーシングして,凸部分を伸ばしていこうとの定説があります。 そのためには,自分の凹凸特性を理解しなければなりません。 ここでは,自分の凸部分が見つからないというあなたに,凸部分の探し方を紹介します。...

こんにちわ。 今回は自分の人生を振り返った時に,ASD/ADHDの凹凸特性はなければならないものであったと言うことです。 さて,ASD/ADHDの凹凸特性をお持ちの皆さんは,定型発達者である方が良かったと思っているのではないでしょうか。...

こんにちわ。 ASD傾向のある人は,真面目,コミュニケーションが苦手,交渉ごと駆け引きが苦手,断り下手,頼みやすい,全体を俯瞰した理解が苦手,聴覚情報処理が弱いなどから,定型発達者がなかなか引き受けてくれないような面倒な事柄を頼まれがちです(※自分の経験をベースに話しています)。...

さらに表示する