· 

日主「辛」に現れる気質・性格

  

日主が辛の人

 

・庚が鉄鉱石であるので対して,辛は研磨され洗練された金やガラスです。希少価値のある宝石といっても良いでしょう。

・庚の金は混じりっけのあるものなので,清濁併せ呑むことができますが,同じ金でも辛の金は美しく整えられた金なので,少しでも汚いものは許せない潔癖な面がでてきます。

・よって,自己中心的,プライドが高い面を持ちます。

・人当たりはソフトですが,人一倍強い自尊心を持つ人です。神経質で繊細なところもあります。

・仕事は完璧に仕上げようとします。と同時に,気が多くて興味の対象がコロコロと変わる飽きっぽい面もあります。

・しかし,いざとなると何が何でもやり遂げる信念の持ち主で,そのプライドにかけて弱音を吐かず,物事をやり遂げていきます。

・それから,プライドの高さと好き嫌いの激しさから,他人から冷たい人と見られがちなのですが,実はハートの温かい個性豊かな人です。

・自分の能力の限界を知っており,決して無理はせず,分をわきまえた行動をとり,時間や約束などはきちんと守りますので,周囲から信頼され,厚い人望を得ます。

・この周囲から得られる信用と評価はこの人にとって,最大の財産です。

 

 日主が辛で春生まれの人

 

・辛の悪い面が出てきます。

・神経質で,いろんなことに頭を使う細かい人です。

・何かと現状に満足できない面もあります。

・辛はゴールドであり,プラチナなのですから,じっと待っていれば幸運を呼び寄せるのですが,飽きっぽい面やせっかちな面が出てきてなかなかそうもいかないようです。

・技術や芸を身に着けて仕事に活かすと運が安定します。

・辰月生まれの人で,土と金の干支が多い身強の人では,命式に甲,乙,寅,卯が1つでもあると,辛金の良い面が出てきます。

・プライドの高さはありますが,面倒見が良く,約束を守り,義理を通す人なので,周囲から信用され,頼りにされる人となります。

・もし命式に土や金の五行が多くて,木の干支が1つもなければ,周囲には少々怠け者で見栄っ張りな人と映るでしょう。

 

 日主が辛で夏生まれの人

 

・夏生まれの場合,命式に壬,癸,亥,子,丑の干支のいづれかがあるかないかで大きな差がでてきます。

・辛金は磨かれた繊細な金属,いわば宝飾品のゴールドです。それが夏の暑い時に外に放って置かれると,形が変わってしまいます。

・身強か身弱かにかかわらず,喜神は金,水で,忌神は木,火,土となります。

・もし水の干支があれば,辛の良い面がよく現れ,聡明でアイデア豊富,話上手でいつも人の輪の中心にいるような華やかさをもち,人を引きつけます。音楽や技術の才能に恵まれる人もいます。

・一方,水の干支が1つもなければ,性格は少々怠け者で,やたらと人に干渉します。また,思いつきでいろいろと始めて,途中で投げ出すということが往々にしてあるようです。

 

日主が辛で秋月生まれの人

 

・秋は日主辛の気が強くなる時期です。「旺相休因死」の旺の時期です。

・辛金の固さが目立ってきます。プライドが高く,頑固な面が出やすいです。

・人と同じことをするのが嫌,共同作業も苦手です。

・しかし底力があるので,運に乗れば自分の好きな分野,たとえば,デザイン設計,通訳,教師,塾の先生,会計士,小さなショップの運営などで成功することもあります。

 

日主が辛で冬月生まれの人

 

・厳寒の冬ですから身強か身弱かにかかわらず,喜神は木,火,土で,忌神は金,水となります。

・本命に丙,丁,巳,午の干支があれば,少々無愛想で地味な性格ではありますが,努力家で周囲とも協調しながらうまく仕事を進めていきます。

・本命に庚,辛,申,酉,壬,癸,亥,子,丑の五行が3つ以上あれば,プライドの高い面や思い込みの激しい面が目立ちます。協調性に欠け,職場での問題が多くなります。女性では結婚に影響が出やすいものです。