· 

日主「戊」に現れる気質・性格

  

日主が戊の人

 

・戊は陽の土です。山であり,大地の盛り上がりです。

・山ですから,遠くからも目立つ存在であり,多くの動物や植物を養っています。

・臨機応変の才に溢れており,説得力もあり,人に安心感を与えます。

・お人好しで頼まれたら断れず,何かと人の面倒をよくみます。

・物事を押し付けられたり,命令されると反発しますが,下手に出られるとつい引き受けていますところがあります。

・頑固で一度こうと思ったら,なかなか考えを変えません(山なので動きが遅い)。それが良い面に出れば,粘りがあり大事をなすことが出来ますが,逆の面に出れば,単に融通が利かない執着心の強い人ということになります。

・日主が甲,壬,戊の人はよく大器晩成と言われます。

・それは人の上に立ち指導者になるなど,旗頭として活躍できる運気を持っているからです。

・時間をかけて自分を磨いていく必要があるので,努力が問われる人になります。

・特にこの戊の人は,信用と面子を重んじる人で,周囲からも頼りにされますので,目立ちこそはしませんが,人の輪を作る人物として活躍が期待できるでしょう。

・丙とは違った生まれ持った存在感をもっていますが,地味なところがあるので,意識すべきキーワードは,山に看板を立てなさいです。すなわち,「自己PRして,人気者になりなさい」ということです。

・山を噴火させると大変なことになりますので,噴火を起こさせないよう自制しましょう。

 

 日主が戊で春生まれの人

 

・どっしりと落ち着いて,頑固で粘りがあるのですが,春月生まれですと猪突猛進という面が加わります。特に寅月生まれは,この傾向が強くなります。

・命式に丙,丁,巳,午の干支があれば,大胆かつ繊細な人となります。

・加えて,一度決めたことは最後までやり通す剛柔を兼ね備えた人です。

・卯月生まれでは,少々融通に欠ける頑固な面が目立ちます。丙,丁,巳,午の干支が加わると,柔らかさが加わり,先見の明をもち,頭の切れる人です。

・辰月生まれは,社交性に富んで交際上手ですが,何でも自分の思い通りに仕切りたい,ボスになりたがる人となります。戊土の頑固さも出てきます。天干に壬や癸が加わると,柔らかさが出てくるうえに,不動産運にも恵まれます。

・他に庚,辛,申,酉の干支が2つ以上あると,度量の広い人ですが,懐才不遇(物事がうまく進まなくて、地位や境遇に恵まれないこと)の傾向が出てきます。

 

 日主が戊で夏生まれの人

 

・巳月生まれの人は,よりせっかちな面と固執する面が出てきます。他に丙,丁があると,茫洋とした面も加わり,何を考えているか掴みどころのない人になります。

・午月生まれなら,月支に羊刃がつきますから,戊土の性格に短気さと怒りっぽさが出てきます。同時に粘り強さ,決めたことはできるまで頑張り通すという面も出てきます。

・未月生まれの人は頑固ですが,人当たりがよく,性格の強い面は微塵にも出さず,愛想良くいろんな人と交際してチャンスを掴んでいきます。

 

日主が戊で秋月生まれの人

 

・申月生まれだと,面倒見のよさが加わります。日主戊土の良い面が出ると,幅広い交際で人脈が広がっていき,事業が発展していくことになります。悪い面がでると他人に頼まれたことや約束をすぐに忘れてしまうこともあり,信用を失なうことになります。

・酉生まれの人は,見かけによらず,心配性で,小さなことに気を取られすぎて大局を見失ったり,才能はあるのにここぞという時に一歩踏み出せずにチャンスを逃してしまいます。

・戌月生まれなら,日主戊の良い面がそのまま現れて,他人の面倒をよくみる人になります。

 

日主が戊で冬月生まれの人

 

・冬の山はどんな感じでしょうか。春夏秋と山の草木や動物達の面倒を見てきましたが,ここにきて自身の活動も止まってしまいます。

・したがって,日主戊の基本的な性格をうまく引き出せない感じです。

・少し自分勝手なところがあり,他人のことよりも自分のことを優先します。

・頑固で神経質,現状に満足できない面がでてきます。

・ただし,命式に丙,丁,巳,午の火の干支が加われば,思いやりがあり,共同作業が得意で他人の信頼を得て成功できます。