· 

食神・傷官が喜神(用神)の人の適職

 

(食神が喜神・用神の人の向いている仕事)

 

・会話,コミュニケーションがうまく,多芸多才で何をやってもこなすことができます。

・身強,身弱に関係なく,会社勤めで実力を発揮できるでしょう。

・ただし,毎日同じことを繰り返す仕事には向きませんので,変化があり活気に満ちた職場を選ぶことが大切です。

・また,自分の目標を追求していく場合は,金銭に関係なく精神的な満足を得るまで進むと良い結果が出るでしょう。

・食神の示す職業は,お笑い芸人,タレント,マスコミ関係,ニュースキャスター,アナウンサー,通訳,弁護士,放送作家,カメラマン,小説家,絵本作家,映画業界,広告代理店,ファッション業界,美術関係,フラワーショップ,シェフ,板前,ソムリエ,飲食経営,レストラン経営,警察官,外交官,証券業などです。

・その他に身強の人で,食神が1つか2つあって,財星が天干地支に透っていると,アイデアを生かした商法,ベンチャー企業の創立者として成功できます。

・身弱の人の場合,食神が喜神となり,本命で偏印か印綬が天干地支に透っていると,食神の力を借りて成功できます。本命にない場合でも,偏印か印綬が大運から入ってきても成功できます。

 

 

 

(傷官が喜神・用神の人の向いている仕事)

 

・学習能力が高く,適合性に優れている上に,芸術的な感性を兼ね備えています。

・話す仕事でも才能を発揮します。

・総じて平凡な会社員に向かず,自由業,独立自営に適しています。

・毎日,同じことを繰り返す仕事には向かず,変化があり収入もある程度得られることが本人の満足度を上げます。

・芸術界,スポーツ界などの分野や技芸を生かせて,自分の思いが通せる仕事に適しています。

・傷官の示す職業は,シンガーソングライター,俳優,ニュースキャスター,アナウンサー,お笑い芸人,タレント,舞踏家,語学を生かした職業,翻訳家,医師(産婦人科),教師,学者,作家,小説家,評論家,カメラマン,トリマー,美容師,理容師,占術家,風水師,宗教関係,デザイナー,画家,出版業,古物商,骨とう品鑑定士,探検家などです。

・その他に,身強の人で傷官が1つか2つあって,財星が天干地支に透っているとアイデア商品の開発など,ベンチャー企業の創立者として成功できます。

・身弱の人の場合は,傷官が忌神となり,本命で偏印か印綬が天干地支に透っていると,傷官の力を借りて成功できます。本命にない場合でも,偏印か印綬が大運で入ってくると成功できます。