· 

通変星「正財」の概要と行運の影響

 

(正財の概要)

 

正財は,日主が剋する五行で,日主と陰陽が異なるものです。

 

 偏財が流動的な財産であったのに対し,この正財は努力して得たお金,コツコツと蓄えたお金,安定的な財産です。

人は苦労して得たお金に対しては,なるべく使うまいと思うものです。

約束を守る人,保守的で自分を大事にする人となります。

ケチなところがあり,石橋を叩いても渡らない面が出てきます。

信用や約束を大事にして,何事も決して無理をしません。

体験に基づく思考型なので,経験のないことや未知のことには手を出しません。

そういう意味で,新しく開発することとか競争するような仕事には向いていません。

経理,総務,接客に適します。自分の本分を大切にし,責任感も強く家庭も大切にします。

人間関係では,妻,女性の場合は父親にあたります。

 

 

(大運または流年に正財が巡ってきた時)

 

身強の人か正財が喜神となる人にとって,安定する時期,信用を得る時期,独立の時期となります。

今までの努力が報われて利益が上がり,サラリーマンにとっては昇給や昇進の喜びがあります。

また,不動産を手に入れたり,親からの援助で念願のマイホームを購入したりすることもあるでしょう。

それから,男性とっては異性との出会いや新しい恋が発展するチャンスの時です。あるいは,結婚の好機でもあります。併せて家庭内に落ち着きが出てきます。

精神的には人を大切にしようと思う時期で,結果的に支援者と出会ったり,目上の人から援助を得ます。

自分の周りの人たちを大事にすることで人脈が広がっていきます。

 

身弱の人か正財が忌神になる人にとっては,どうしてもお金のことで苦労する時期となります。

他に,信用に傷がついたり色々と不如意な事が多くなったりする時期です。

または,体調不良,悪性の病気にかかって,重大な事態になることもあります。

男性の場合は,家庭内にトラブルが生じたり,配偶者が健康を害したりすることもあります。

以前の浮気がばれて問題になるかも知れませんから要注意です。

 

ただし,身強・身弱を問わず,本命・大運・流年との間で干支の合,冲剋等がある場合は,この限りではありません。