· 

通変星「偏官」の概要と行運の影響

 

(偏官の概要)

 

偏官は,日主を剋する五行で,日主と陰陽が同じものです。

 自分が剋されるということは,支配,拘束されることなので,社会,仕事,上司を意味します。

また,支配されると反発したくなることから,改革,革命といった意味も出てきます。

直情型であるため,計画してから行動を起こすというよりも,やってみなければ良いも悪いも分からないと,行動しながら考えるタイプです。

進取の気性に富み,他人を引っ張っていく力もあります。

女性でも男性を引っ張っていくリーダーとなりますし,部下の面倒をよくみます。

欠点が出ると優柔不断,怠け者,見栄っ張りとなります。

人間関係では,男性の場合は子供を示し,会社の上司が嫌でも子供のために我慢して頑張ります。女性の場合は愛人,男を示します。

 

 

 

(大運または流年に偏官が巡ってきた時)

 

身強の人か偏官が喜神となる人にとって,計画が進み,仕事面でも思わぬ成果があがる時となります。

サラリーマンにとっては,職場で思わぬ抜擢を受けたり,昇進の喜びがある時となります。

金運はまあまあで,家庭も円満に恵まれますし,競争や訴訟事にも勝つことができる運気にあります。

気持ちの中では反骨精神が現れる時,新しいことにチャレンジしたくなる時です。

自分の気に入るまで挑戦することによって大きな転機を迎えます。

特に本命に新殺星の羊刃が現れている人では,この時期に新しい分野で成功したり,リーダーとなるなど,これまでに努力してきたことが実を結ぶ時となります。

なお,女性では異性との出会いや新しい恋の芽生える楽しい時期となりましょう。

 

身弱の人か偏官が忌神になる人にとって,突発の災難に遭うことがあるかもしれません。事故や怪我に注意しましょう。

また,詐欺のような思わぬ事件に巻き込まれたり,仕事上のトラブルが原因で転職せざるを得なくなることもあります。

対人関係においても,いざこざが生じやすく,敵をつくりやすい時です。

女性の場合には,恋人と争ったり,三角関係が生じて悩むことになりやすい時期です。

 

ただし,身強・身弱を問わず,本命・大運・流年との間で干支の合,冲剋等がある場合は,この限りではありません。