· 

通変星「劫財」の概要と行運の影響

(劫財の概要)

 

劫財とは,日主と同じ五行で陰陽も異なるものです。

先の比肩と同じく日主と同質のエネルギーですが,日主から見て陰にあたるので「裏」という意味が出てきます。

ですから,裏のことまで考えることのできる判断力や企画力という意味になり,水平思考型,協調,和合を重んじ,上下関係には疎いところがあります。

裏のことまで考える面が悪く出ると,物事をとかく損得で考える性格が出てきます。

忍耐力が強く,機を掴むのに長けていて,チャンスをみたらパッと動く行動力があります。

反応が早い分,衝動的でもあります。固執してしつこいところもあります。

いい面に出ると物事をとことん突き詰めて大成します。

人間関係では,友人,同僚,ライバル,姉妹となり,女性の場合は兄弟という意味になります。

 

(大運または流年に劫財が巡ってきた時)

 

身弱の人か劫財が喜神となる人にとって,今までに計画していたことが急にできるようになる時となります。

仕事面でも人脈が広がったり,思いがけない収穫を得たり援助者が現れたりして順調に物事が運ぶようになります。

何か新しいことを学んだり,習得したい時期にもなりますし,自分の本心と欲が出てくる時です。

自分の能力に少し行き詰まりを感じて焦る時期かも知れませんが,最終的にはこれまでの努力が認められます。

交際も活発になり,家庭にも円満さが出てきます。

 

身強の人か劫財が忌神になる人にとって,比肩と同様にあまり良い時期ではありません。

一番は金銭の問題,第二に対人関係,上司との問題に悩む時期です。保証人になって損をしたり,職場で部下や他人のミスを被ったり,仕事に嫌気がさして転職することもあります。

病気や事故に遭う可能性もあります。これは本人以外に家族の方にも注意が必要です。

この時期には,人の忠告を聞かず自分勝手に物事を進めて失敗しやすいので,特に事業の拡大というようなことは控えて守りに徹するべきです。

それから,恋人や夫婦間での対立やトラブルも生じやすい傾向にあります。

 

ただし,身強・身弱を問わず,本命・大運・流年との間で干支の合,冲剋がある場合は,この限りではありません。