· 

偏印が喜神・用神・忌神となる人の性格

偏印が喜神・用神となる人

 

・非常に豊かな個性に富み,企画や発想の方向が他人とは異なるため,時に他人をあっと言わせるような抜群の閃きを見せる人です。

・新しいこと,珍しいこと,自由,冒険が好きな人です。

・頭が良く,一を聞いて十を知る聡明さがあります。

・さらに,集中力からくる突進力を備えていて,危険なことでもものおじせずに進み,少々の逆境には負けないふてぶてしい闘志を秘めています。

 ・努力家ですが,熱しやすく冷めやすいところがあり,また,自分が嫌いなことやあまり興味のないことは長続きせず,すぐに投げ出してしまう点があります。

・そのため何をやってもそこそこまでは行くのですが,器用貧乏に終わってしまうことがあるようです。

・ 人一倍自由を愛し,時間的拘束や人からの指図をとても嫌います。そのため,組織や集団に迎合せずに,自分一人で行動します。他人とは行動のパターンが違いながらも,得意の分野で成功を収めていくでしょう。

・また,精神的世界,スピチュアルな世界,神秘的世界との関わりが深く,たとえば,友人が夢に出てきて連絡したら問題があったとか,霊感に似たカンの鋭さをみせるはずです。

・独特の個性に富む偏印星ですから,本命に3つ以上重なるような場合は,他人から何か変わっているとか頑固な人と言われているはずです。

・また,女性の場合には,本命に偏印がいくつも重なると,子供との縁が薄くなるという暗示がでてきます。

・偏印の長所は,努力家で忍耐力に富み,計画に基づいて注意深く行動するところです。己には厳しく,他人に対しては寛容です。

・1度自分がこうと決めたならば,その目的を達成するために,じっと時が来るのを待つ忍耐強さも併せ持ちます。加えて,年長者,目上の人,祖先との縁が深く,時には神仏の加護を得て,成功できるという運をもっています。

・本命に食神,傷官が2つ以上あると,食神,傷官の知恵と偏印の洞察力が融合しますので,特殊な分野,たとえば宗教,芸術,科学,中医学,文学,漫画,アニメ等に興味をもつようになりますし,実際にその方面で成功を収めることができます。

・月支に偏官がつき,月干か時干,もしくは日支に偏印があれば,これを「殺印相生」と呼び,偏印と偏官のもつ長所が最大に発揮される組み合わせになります。どうしても運勢の浮き沈みは激しくなりますが,人のできない仕事を成し遂げることができます。周囲からその実力を認められ,多くの人の上に立つ人物となります。

 

偏印が忌神になる人

 

・偏印のもつ長所よりも欠点の方が目立ってくることになります。

・総じて利己主義で,人見知りをしたり,他人に対しては疑い深い性格になります。

・好奇心が旺盛で,色々なことに興味をもち一通りはやってみるのですが,続けることがなかなかできないので,1つのことをマスターしないうちに他のことに興味を示して,結局は器用貧乏となってしまいます。

・また,他人とは全く考え方が違うところがあるうえに周囲にあわせようとしませんから,自然と一人でいることが多くなります。

・女性で本命に偏印が2つ以上あると結婚の縁が遠くなりがちです。

・偏財か正財が本命にあるか,大運か流年で巡ってくると,偏印の孤独癖が抑えられて明るく友人が多い人となります。