· 

傷官が喜神・用神・忌神となる人の性格

傷官が喜神・用神となる人

 

・繊細な神経をもち,鋭い感受性に恵まれたロマンチストです。

・温かいハートの持ち主で涙もろい面があります。

・しかし,現実に対してはシビアで合理主義的な考え方をもち,人間関係をも損得で計算する傾向があります。

・男性,女性ともに整った顔立ちの人が多く,しかも器用で何事も要領よくこなしてしまいます。

・自信家でプライドも高く,他人から敬遠されることもあります。

・物事に対する好みがはっきりとしていますし,ムラ気が多く気分によって仕事に対する態度や他人への接し方が全然違ってきます。

・食神星の人と同様に話題を広く提供できる人です。

・口が達者で外見は明るく振る舞います。しかし,嫉妬心が強く,他者を批判することが難点。

・人から指図や束縛されることを極端に嫌い,自分の世界に他人が入ってくるころを拒みます。これは自分の心のなかに高い夢や理想を描いていることが原因です。

・非常に頭がよく,じっくりと考えるよりもひらめきによって正確な判断をします。

・一を聞いて十を知る能力は素晴らしいものです。

・博学多才ですから,自分の本当にやりたいことを見極めてじっくりと取り組んでいけば,かなりの成果と満足を得られます。

・想像力に富み,精神世界,心の世界を追求していきます。

・傷官は理想を追い求める星です。財星は現実のこと,お金,生活の星です。ですから,傷官が喜神となる人には偏財か正財が本命にあると,アイデアと実行力を備える人となり,経済的な成功をつかんでいきます。

・鋭敏な感性をもつ傷官星の人は音楽,スポーツ,芸能,工芸,デザイン,企画,話す仕事など,特殊な分野で能力を発揮していきます。

・傷官が喜神か用神となっても,本命に財星が1つもなく,偏官や正官が2つ以上あると,協調性がなく,周囲をかき乱すアウトローとなってしまいます。

・傷官は古典に「平和な時代にあっては公正な政治を行う臣となり,乱世においては奸雄となって国家に反逆する」と記されています。これは傷官という星の特徴をよく表しており,傷官のもつエネルギーが善悪極端に発揮されやすいことを意味しています。傷官の性格が良く出れば,経済的な発展をもたらして世を治め,悪く出ればアウトローとなります。

 

傷官が忌神になる人

 

・かなりその短所が目立ってきます。

・自惚れが強く,傲慢でわがままな性格となり,世間体を気にせず,自分のしたいことをします。

・言葉も鋭く,思ったことをすぐ口に出して相手を傷つけたり,その言葉が自分に返ってきて,災難に遭うことがあります。

・多才多芸なことには変わりありませんが,1つのことにじっくりと取り組むことができず,しかも元来が遊び好きで根気に欠けますので,物事を最後までやり遂げにくいようです。

・傷官が本命に2つ以上あって,偏印や印綬がない場合(1つ以下の場合)は,見かけは明るく振る舞っていても,個性が強すぎてわがままなため,なかなか自分の欲求が満たされず,心の中には空虚感があります。

・偏印や印綬が1つか2つあれば,傷官の長所を引き出すことができ,普通の人とは全く違う発想で新しい分野を切り開いていきます。