直流連系された2電力系統間の周波数変化(1種 法規−平成4年−問題3)

 

周波数50HzのA,B二つの電力系統があって,その系統容量をそれぞれ5000MW,2000MW,各系統の周波数特性定数(系統定数)をそれぞれ%KA=1.0(%MW/0.1Hz),%KB=0.8(%MW/0.1Hz)とする。

 

この系統間を直流連系し,その潮流制御は,両系統の周波数差に比例し,1Hzの差につき300MWの応援潮流を流すものとする。

 

A,B両系統が基準周波数で運転され,連系線の潮流が零であるとき,A系統の負荷が200MW増加した場合,連系線の潮流及び両系統の周波数はいくらになるか。

 

⬇解説は以下の画像をクリック

ダウンロード
法規-H4-3_問題
法規H4−3_問題.pdf
PDFファイル 45.6 KB
ダウンロード
法規-H4-3_解答
法規H4−3_解答.pdf
PDFファイル 309.3 KB

○解答