電験_送電線No25_実部虚部のある四端子定数を用いた充電電流と潮流の計算(1種 送配電−平成5年−問題2)

 

線路の四端子定数が,A=D=0.910148+j0.011051,B=19.2366+j158.901(Ω),C=(−0.004155+j1.08043)×10−3(S)である275kVの三相送電線路において,受電端開放の場合について,次の問に答えよ。

 

(1)受電端電圧を260kVにするためには,送電端電圧をいくらにすればよいか。

 

(2)(1)の場合,充電電流並びに発電機から供給される有効電力及び無効電力を求めよ。

 

⬇解説は以下の画像をクリック

ダウンロード
送配電-H5-2_問題
送配電H5−2_問題.pdf
PDFファイル 43.1 KB
ダウンロード
送配電-H5-2_解答
送配電H5−2_解答.pdf
PDFファイル 205.3 KB

○解答