電験_送電線No.18_架空送電線のコロナ放電開始電圧の考え方( 1種 送配電−平成1年−問題3)

 

外経20mmの電線を線間距離5mで正三角形状に配置した三相送電線が,大地の影響が無視できる高所に架設されている。

 

空気の絶縁破壊臨界強度が正弦波実効値で21.1 (kV/cm)であるとして,この送電線のコロナ開始電圧を求めよ。

 

ただし,電線の表面係数は0.85,天候係数は1.0,相対空気密度は1.0とする。(参考) log e 500 =6.215

 

⬇解説は以下の画像をクリック

ダウンロード
送配電-H1-3_問題
送配電H1−3_問題.pdf
PDFファイル 57.3 KB
ダウンロード
送配電-H1-3_解答
送配電H1−3_解答.pdf
PDFファイル 278.8 KB

○解答