電験_送電線No.10_送電線径間中央雷撃時の鉄塔電位上昇の簡易計算( 1 種 送配電−昭和 61年−問題 1 )

 

上図のような架空電線路の架空地線の径間中央部に雷撃を受けた。

 

このときの鉄塔Aの電位上昇を計算せよ。

 

ただし,雷撃電流の波高値をI0,波頭長をτf,鉄塔の接地抵抗をR,架空地線の抵抗分を無視したサージインピーダンスをZとし,その他の定数および塔頂から塔脚に至る雷撃電流の伝搬時間は,無視するものとする。

 

 

また,d/c>τf(d:径間長,c:雷撃電流の伝搬速度)とする。

 

⬇解説は以下の画像をクリック

ダウンロード
送配電-S61-1_問題
送配電s61−1問題.pdf
PDFファイル 130.5 KB
ダウンロード
送配電-S61-1_回答
送配電s61−1回答.pdf
PDFファイル 234.4 KB

○解答