電験_自動制御No.6_フルビッツとラウスの方法による安定条件(2種 平成7年)

 

 上図のようなフィードバック制御系がある。

 

この系が安定であるための補償回路の時定数の範囲を求めよ。

 

⬇解説は以下の画像をクリック

○解答