カテゴリ:電力・管理(施設管理)



ダム直下に発電所を設置した調整池式発電所がある。 河川の流量曲線は上左図に示す通りで,豊水量以下の流量範囲では,流量Q(m3/s)と日数 n の関係が図に記入してある式で表される。...

上図に示すループ系統において,各送電線が分担する潮流P1,P2,P3を求めよ。 ただし,送電線のインピーダンスは基準容量10MVAの値とし,系統はすべてリアクタンスとする。 ⬇解説は以下の画像をクリック

上図の回路で変圧器3次21kV母線の短絡容量を求めよ。 ただし,各諸元は次の通りとし,すべてリアクタンス成分とする。 ○154kV母線から見た電源側の短絡容量 2000MVA ○66kV母線から見た発電機側の短絡容量 100MVA ○3巻線変圧器の定格電圧および定格容量 ・1次:154kV 200MVA ・2次:66kV 200MVA ・3次:21kV 100MVA ○%インピーダンス ・1次〜2次 16%(200MVAベース) ・2次〜3次...

上図のようなP=80MW(遅れ力率0.8)の負荷が接続された変電所において,変圧器二次側に電力用コンデンサ20MVAを接続しない場合,および接続した場合の二次母線電圧を求めよ。 ただし,一次側母線電圧は150kVに保たれ,また使用タップは変化しないものとし,変圧器容量,%インピーダンス,使用タップは次の通りとする。 ○変圧器容量...

1つの連系線でつながっているA,B,2つの電力系統があって,その系統容量がそれぞれ3000MW,5000MWであるとき,各系統の周波数特性定数(系統定数)をそれぞれ%KA=1.0%/0.1Hz,%KB=0.8%/0.1Hzとする。 A系統に350MWの負荷変化が生じた場合の周波数変化,および連系線の潮流変化を求めよ。 ⬇解説は以下の画像をクリック