次の状態方程式で記述されるシステムがある。 ただし,このシステムは図に示すようにフィードバックしているものとする。



図1に示されるような一次積分系がある。 この系にu(t)として単位ステップ入力を加え1秒後に零にすると,出力x(t)は零状態から1.0となり,その値を保持するが,この応答を図2の(i)に示す。 図2の(ii)のようにu(t)のステップ幅Aを変化させると,x(t)が1.0となる時刻Tが変化する。 この場合,T以降u(t)は零とする。 図2の応答の斜線部分に相当する次の二次形式評価

図に示すようなフィードバック制御系がある。次の問に答えよ。 (1)定常速度偏差を1%にしたい。補償回路のゲインKをいくらにすればよいか。 (2)補償回路のゲインK=10としたとき,この系が安定となるような補償回路の時定数Tの範囲を求めよ。 ⬇解説動画は以下をご覧ください。

図のように増幅器(AMP)とチャートレコーダ(CHART REC)が接続されており,AMPと CHART RECの特性はそれぞれ次式で示される。

図は,他励直流電動機Mに歯車で結合された慣性モーメントJLと制動係数DLの負荷を駆動するサーボ系を示す。 ポテンショメータ1及び2で角度を電圧に変換しているが,その比例係数をkpとして,e1=kpθi,e2=kpθ0で表されるものとする。...

周波数50HzのA,B二つの電力系統があって,その系統容量をそれぞれ5000MW,2000MW,各系統の周波数特性定数(系統定数)をそれぞれ%KA=1.0(%MW/0.1Hz),%KB=0.8(%MW/0.1Hz)とする。 この系統間を直流連系し,その潮流制御は,両系統の周波数差に比例し,1Hzの差につき300MWの応援潮流を流すものとする。...

A,B及びCの3つの電力系統が図のように連系され,各連系線の潮流は零で,基準周波数において運転されている。 いま,A系統で負荷が増加し,A,B系統間連系線の潮流が290MWとなった。 各系統容量と系統定数が次表のとおりであるとき,次の問に答えよ。 (1)系統の周波数低下はいくらか。 (2)B,C系統間連系線の潮流はいくらか。...

図のような22kVスポットネットワーク配電線路に,需要家の誘導発電機が並列運転した場合のスポットネットワーク受電点の電圧降下率εを求めよ。 また,電圧降下率εを2%以下にするために誘導発電機に直列に接続する限流リアクトルの値を求めよ。 ただし,計算に必要な諸定数は,図に示す通りである。 また,%Zの抵抗分は無視するものとする。...

さらに表示する